上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目覚めよ、東海ラーメン。解きはなて、きしめんの呪縛

 東海のラーメン屋さん・・・名古屋とか飛騨高山、静岡、三重、その辺を指すんですよね。代表的なのは台湾ラーメン系『味仙』、薬膳を取り入れた『好来』、角煮みたいなでかいチャーシューの乗る『八百善』、あと『かいすい』なんかも聞きますよね。
 ラーメンを語る前に東海地区には独特の食文化があると僕は思っています。名古屋を中心に味噌煮込みうどん、きしめん、うなぎひつまぶし、天むす、カレーうどんなどの、こってり系が多い。名古屋の人が作ってくれるカルピスは、やたら濃いっちゃん。
 東京と大阪に挟まれ、どちらかというと大阪寄りなのか、ラーメンの育つ土壌が弱い。きしめんに押され気味で主張するものが薄い気がします。例えばラーメンでも五目系のものが多い。野菜が乗ったり、あんかけが乗ったり、独特なんだよね。東海地区のラーメンは中華そば、支那そば系の醤油味や塩味のラーメンが多い。岐阜とか行くと北海道の『どさん子』、そばの代わりに年越しラーメンを食べる高山ラーメン、知るところではそんな感じでしょうか。話題に上がるとしても「あそこのラーメンは・・・」より「あそこの味噌カツは・・・」、「あそこのふつまぶしは・・・」、そういう食べ物のほうがネタになりやすい。
 ラーメンの文化度を計ると(正直に言います。東海地区の方、ゴメンナサイ)、文化度は低いと思う。僕に言わせると「ラーメン処女地帯」。ラーメンとしての歴史が浅い。みんなの関心が薄いのかな・・・。やっと最近、『三吉』さんとかが地場のラーメンのレベルアップを図ろうとしている。それに続くように『らあめんらーめん』とか『がまおやじ』とか、そんなお店がラーメンの研究を始めたような感じがします。だから、ちょっと頑張ればすぐに繁盛店になれる可能性が高い。これからラーメン屋をしようと思っている人にとっては絶好の土地かもしれません。出張や旅行であちこち訪れる東海地区在住の人たちの中にも、おいしいラーメン屋さんの出現を待ちわびる声をよく耳にします。
 総じて考えると、ラーメンにとって今からが楽しみな地区ではないでしょうか。飲食業に携わる若手・中堅がとっても元気です。これまでよりも、これから2~3年で東海地区のラーメンは随分おいしくなるような予感があります。ひつまぶしや味噌カツがあれだけうまいんだから名古屋が、東海地区が本気になったらコワイぞ!

(01年 これを食わんでラーメンが語れるか!ラーメン界のすべてを知る男 博多××堂・河××美が選ぶ うまかラーメン115軒より)

スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。