上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.08.07 ラーメン人語
名工大ラーメン研究会 う×かば 鈴木さんが語る
―――――――――――――――――――
ラ  ー  メ  ン  人  語
―――――――――――――――――――
キャラクターが作るラーメンの味!
ラーメンの進化を語る上で、時代ごとに重要なキーワードが存在します。
そして、今のキーワードは“ご当人ラーメン”です。
この人の味、この店に行かないと味わえない味ってやつです。
C×Cの『ガ×ンコ』で有名な佐×実さんが代表かもしれませんね。
ひと昔前までは「〇〇店の味」という時代でしたが、今は“日々の努力こそが、その店のラーメンを進化させる”という認識が世間に広まっているのかもしれません。
きっかけはテレビだったかもしれませんが、結果的にはそれがラーメン界全体の進化へとつながっているような気がします。
玉子へのこだわりが味玉ブームを呼んだ!
そして、そういった店のこだわりがラーメン界全体のブームとなった一例が“味玉”ですね。
ちょっと前までは、ラーメンにのってる玉子といったらどこもゆで玉子でした。
それが最近はメジャーなトッピングとなり、味や半熟具合なども店によって実にさまざま。
玉子1つとっても店によって独自の進化を繰り広げているのです。
主役の麺やスープもそんなラーメン職人によって限りなく進化していくでしょうし、ひょっとすると“きしめんラーメンブーム(きしめんを使ったラーメン)”なんかが全国規模でブームになる日が来るかもしれませんね(?)。
戦いの神は栄を選んだ!
そして、今年の最大の動きと言えば、やはり栄が“ラーメン激戦区化”してきたことでしょう。
「一風堂」はテレビや雑誌の影響もあってかなり話題になりましたし、東京で人気の「むつみ屋」も出店するなど、新規出店の勢いはスゴイです。
ちょっと前に話題になった尾張旭がそうであったように、行列店に競合して新しい店ができ、その地域全体が盛り上がるという不思議な現象が栄でも起ってます。
特に栄地区は全国的に名のある店が進出するのに対して、名古屋の味が対抗するという図式が特徴的ですね。きっとこの栄の盛り上がりが名古屋のラーメン界をさらに熱くしてくれるに違いないです。
あ、そう言えば名古屋が誇る「台湾ラーメン」が今年東京に進出したんです!
名古屋スタンダード奮闘中です!

名工大ラーメン研究会 う×かば会長 鈴木×貴さん
週1回ペースで名古屋市内を中心に、ラーメンを食べ歩くサークル。
ホームページで行った店の紹介をしている。
会長の鈴木さんはあっさりしょう油のラーメンが好き。
http://www.tac-net.ne.jp/~unakaba/

(02年 Ke**y 12月号 ナゴヤ・パワフル中華5大NEWS!!より)
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。