上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
軽いノリで始めたこのブログ、マニアックなコメントをいただける方々に支えられここまで更新続けて来れました。もう少し(ネタが切れるまで)続けて行きますので、来年もよろしくお願いいたします。
というわけで、2008年のIMASA『ラ』を振り返ってみます。

最初に訪れた瑞穂区の店がこのブログをスタートさせるきっかけとなりました。理由はもうお分かりでしょう。これ以上語るのはやめておきます。
これと同じくらい、いや、それ以上の衝撃を受けたのは中村区の店。まず店の前が臭い。そして店の中が超汚い。小バエがブンブン飛び交い、透明なはずのガラスケースは茶色くて中が見えない。とてもPSで紹介された店とは思えない有様でしたね。ラーメンは不味くなかったのですけど。あぼーんするのは必然だったのでしょう。
〇〇いといえば港区の店。ゴキブリがはいずり回って、メンマとチャーシューからは異様なニオイが・・・思い出しただけでも恐ろしい。でも、誰かに食べに行ってもらいたい店でもあります。
不味くはないけど、時代に取り残されているにもかかわらず、勘違いしているのが豊明の店ですね。年末に発売されたラーメン本にも堂々と広告載せてましたけど。なんであんなにお客さんが来るのか不思議。
納屋橋の店はテーブルも床もネチャネチャ、店員の接客態度もイマイチで、終わってるなぁと。

逆に、美味かった店というか見直した店もあります。
常滑の店の味噌、美味かったですし、大須というか矢場町の店のカツのせも美味かった。

あぼーん店で印象に残っているのは、原の店。店の前が荒れ放題だったのが寂しかったですね。
あぼーん店跡地に新たに違うラーメン店がオープンしたのは今池の店。今度の店は一定の人気がありそうなので、しばらくは大丈夫かな。
大曽根のあぼーん店は先日通りかかった時には更地になってました。
伏見の店跡地はもうすぐ「なか卯」がオープンするようです。

ネタについては、色々と雑誌等の記事を転載してきましたが、やはり最初のこの記事がこのブログのためにあるといっても過言ではないほど、当時の様子をよく表しているのではないかと思います。

長々と書きましたが、ここで2008年IMASA『ラ』オブ・ザ・イヤーを選ばせていただこうかと。
IMASA『ラ』とあぼーんの両方で登場した唯一の店、〇〇家さんに決定!選定理由は説明要らないでしょう。だってホントにあぼーんしちゃったんだもん。

来年もネタが続く限り、IMASA『ラ』レポとあぼーん店巡りを続けていきます。
それでは皆さん、よいお年を。
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。